本頁面上的功能需要使用 JavaScript。

請啟用瀏覽器的 JavaScript 以繼續。

【樂天雙11】iPhone 11天天搶免運,整點特賣5折起 樂天雙11購物節【超強優惠攻略】
  • 1145e58323005056b734c3
  • 1156e5accc005056997236
  • 11d6e58323005056b734c3
  • 11e1e5ac2e005056b72772
  • 1102e5a05e005056997fbd
  • 116be5a4db005056ae143b
  • 1190e5a4db005056ae143b
  • 118ee5accc005056997236
  • 1143e5a05e005056997fbd
  • 11c1e787262c600c7376cd
★「東方美人」( Oriental Beauty)名前の由来
東方美人は、かつて台湾烏龍茶(Formosa Oolong フォルモサウーロン)と呼ばれ台湾を代表する最高級烏龍茶です。昔、台湾の烏龍茶がヨーロッパに輸出されていた時代に、大英帝国のビクトリア女王が献上されたこの台湾烏龍茶を淹れて、茶葉がコップの中で上下にジャンピングする姿が美しく舞い踊る美女のようだと感動し、「オリエンタルビューティー」(Oriental Beauty)と呼んだのがいわれだそうです。訳して「東方美人」。(注:逸話であり、実際に輸出した年代がこの話と矛盾な点が見られます。)

東方美人(Oriental Beauty)の他に、産毛がたくさん着いている新芽が多く扱って乾燥すると白くなる白毫が多いため「白毫烏龍」(パイハウウーロン)とか、お茶の中のチャンピョンにちなんで 「香檳烏龍」(シャンパンウーロン)だという説とか、新芽と若葉などの発酵度合いの違いにより茶葉の色が三色や五色などあるため「三色茶」(サンスェッチャー)や「五色茶」(ウースェッチャ−)と呼ばれることもあります。さらに俗称として「番荘烏龍」、「老田寮茶」、「福寿茶」、「着涎茶」などと様々な名前で呼ばれています。

特にこのお茶の主要産地である新竹縣峨眉や北埔では、「膨風茶」(ポンフォンチャ−)とか「椪風茶」などと呼ばれています。膨風とは「ほら吹き」という意味です。なぜ「ほら吹きか」というと、お茶にウンカが大量について売りものにならなかったお茶がある茶農が町へ担いでいて高く売れたにもかかわらず、だれも信じてくれず挙句のはてには「ほら吹き=膨風」呼ばわりされてしまったことから名付けられたらしい。

以上挙げられたように「東方美人茶」は多くの名前で呼ばれており、それぞれにユニークな逸話や由来をもっている事から時代や地域を越えて多くの人々に愛されている事がうかがえます。

★「東方美人」の特徴と美味しさの秘密

 東方美人は発酵の違うによる分類の中に青茶に属されますが、青茶の中でも発酵度が70%くらいで最も高く、その独特な甘い芳香とまろやかな味、それに赤みがかったお茶の水色は紅茶によく似ています。茶葉は細く少し丸みを帯びていて、色は白・黄・緑・赤・褐色が混ざり、花のように色彩が豊かです。味は蜂蜜のような自然な甘みとコクがあり、熟れた果実のような豊で甘い香りのするお茶です。

摘採期は春も過ぎようとしている6月前後です。一般の春茶が3月から5月にかけて収穫されるのに比べやや遅い感があります。年に一度だけ夏に向けて作られるお茶です。 春茶が終わったころ発生する《ウンカ》(ミドリヒメヨコバイ、中国語では小緑葉蝉、 体長わずか2〜3ミリのきれいな翡翠色の虫です)という害虫が茶の若芽にもたらす恩恵により、果実や蜜に例えられる芳醇で甘い香りを持つのが特徴です。また、《ウンカ》の恩恵無しには東方美人を製茶することが出来ないので、茶園に農薬を散布する事が許されません。 

《ウンカ》の恩恵というのは、《ウンカ》が茶の養分を吸いだす時に代わりに分泌物を出します。この分泌物が葉の成分と結合して変化を起こしクモの誘引成分となり、ハエトリグモが集まってきてウンカを食べ増えすぎないようにしてくれるのです。これは自然のメカニズムです。この時、茶葉内に生成された成分が人間の技によって東方美人の独特な香味を醸し出されるのです。

完全無農薬で栽培され、ウンカの恵みを受けた若芽だけを一つ一つ丁寧に手摘みするという極めて緻密な作業が行われるのは、数ある烏龍茶の中でも東方美人だけです。まさに嗜好品の極みと言えるでしょう。最高級な東方美人茶はウンカの被害を受けた新芽ばかりを扱います。そんな茶葉だけが独特な甘い芳香とまろやかな美味しい東方美人になれるのです。


★「東方美人」の産地と品種

産地は、台湾北西の新竹縣の峨眉・北埔・関西・横山、苗栗縣の頭[イ分]・老田寮・三灣・南庄・獅潭などが中心で、台北縣の坪林・石碇・新店・三峡、桃園縣の亀山・龍潭などでも作られています。

品種は、青心烏龍、青心大有(有の冂の=が無い文字)、白毛猴、大慢種など。昔は烏金烏龍という品種で作られていたのだそうです。

★「東方美人」の選び方
茶葉を買う時に「茶乾」(乾燥した茶葉を見る)、「茶湯」(お茶の香り、味、水色と開き具合を見る)、「葉底」(茶殻を見る)の三つのポイントで選びますが、お茶の種類によって評価の基準も違ってきます。

東方美人の場合、「茶乾」は奇麗な一芯二葉で、茶葉自体が非常に小さくそろっていて、白毫が多ければ多いほど上等な東方美人です。「茶湯」は火入れの仕方とか、発酵の違いによって、味も香りもまったく変わってきますので、人によって好みが違うでしょうけれど、東方美人の特徴である果実や蜜に例えられる芳醇で甘い香りと味が高ければ高いほど良い茶葉です。「葉底」は千切れなく弾力があり、色が鮮やかなものの方が良いものです。

 

★「東方美人」の淹れ方
東方美人の淹れ方は、基本的に烏龍茶と同じ、茶壷で入れても蓋碗で淹れてもOK。私の場合は蓋碗で淹れることが多いです。茶葉の量は球状な烏龍茶よりやや多めに入れます。(5gに150c.c.のお湯で2分)良質な東方美人の場合は、上述のように、新芽をたくさん扱っているので、緑茶のように沸騰したお湯を少し湯冷まししてから淹れた方が甘みのある東方美人茶が作れます。でも温度が低すぎても香りが上手く立たせませんので、 お湯の温度はだいたい80度〜90度くらいで美味しく淹れると思います。

東方美人茶(Oriental Beauty)【日本語版】

於店家內搜尋

商品類別



 
Copyright 新純香的圖片以及商品文字說明嚴禁轉載使用
台北市中山北路一段105巷13-1號1樓  TEL:+886 2 25432932
×

如何獲得超級點數

成為樂天市場會員後,您在任一樂天店家消費100元以上即可獲得 1 % 點數。
1 點 = 1 元

Request ID: b49342489dbb9e1e472a8575be0e96fe